スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋に浸ろう!!

2008年10月19日 11:13

突然ですけど音楽っていいですよね。最近私エレファントカシマシに今更はまりまして毎日聞いております。あと私夏はサンバ青年でしたが実は駆け出しバンドマンの顔を持ってまして日々早稲田祭に向けてギターの練習に勤しんでいるわけであります。


というわけで今日は素敵な音楽と素敵なアートのイベントを紹介します



「セカンドライフで約1ヶ月にわたり開催される音楽とアートの融合イベント「Jazz & Art Festival 2008」が10月18日に開幕した。期間は11月14日まで。



同イベントはおそらくセカンドライフの日本人コミュニティでは史上最大の音楽イベントで、日本人居住区4SIMと9つの会場を舞台に世界中のジャズプレイヤーが素晴らしい演奏を繰り広げる。さらに期間中は個性的な日本人アーティストがそれぞれの会場で作品展も開催するので、ライブと合わせてこちらも必見だ。
尚、期間中は各地の会場で合計15本ものライブが開催されるので、もしスケジュールや場所が分からなくなったらテレポートボードのある下記インフォメーションセンターへ行くと便利だろう。


しながわインフォメーションセンター
http://slurl.com/secondlife/Shinagawa/132/35/45


YUMIX SQUARE インフォメーションセンター
http://slurl.com/secondlife/Yumix%20Land/216/126/23


また、セカンドライフ内にグループ「JAZZ&ART FES FAN Group」もあるので、確実にライブを観たい人は加してみよう。
セカンドライフSNS「NaviSL」内のコミュニティは以下のとおり。


JAZZ&ART FES FAN Group(期間限定)
http://sns.navisl.jp/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=1188」

記事URL(http://www.secondtimes.net/metaverse/event/20081019_jazzartfes.html)


世界中のジャズプレイヤーの演奏と日本人アーティストの作品が一度に楽しめるなんてかなりお得なイベントですね♪開催期間も長いですから時間があるときに是非足を向けてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト

お笑い好きの方必見です♪

2008年10月06日 01:45

そろそろ無理にその日のお題と結びつける前置きに限界を感じた土曜担当の石原です☆


今日はこんな記事を紹介します。


セカンドライフ内最大のお笑いイベント運営グループ「NSK-なんばセカンドかげつ-」が、10月12日(日) 22:00よりアバターによる漫才イベント「NSK 秋の漫才祭り」を開催する。



「NSK-なんばセカンドかげつ-」は、セカンドライフを活用したお笑いイベントや企画を行うグループ。イベントでは、司会はボイスチャットで、漫才やコントなどの「ネタ」はチャットで行われるとのことで、「Namba」SIMに同名の会場を持っている。
「NSK 秋の漫才祭り」の開催概要は以下のとおり。


開催日時:10月12日(日) 22:00~
開催場所:Namba SIM内 NSKステージ
http://slurl.com/secondlife/Namba/223/30/31
主催:NSK-なんばセカンドかげつ-
出演:GyokuRin Dagger , hiomari Proto , kome Oh , Beautiful Aabyeほか


「漫才 玉林・米王」
GyokuRin Daggerとkome OhのSIMオーナー二人がアバターでの漫才に挑戦。
「コント ベア」
Beautidful Aabyeが意気揚揚とSLに参入した架空の企業SIMに噛みつく。
「漫才 ポジカル兄弟」
就職支援の株式会社ポジカルの社長posical Kiddと専務Active Paineがお送りする正統派漫才。


今後「NSK-なんばセカンドかげつ-」では、この「漫才祭り」を皮切りにNSKステージでの月2回の定期公演を開催していくとのこと。詳細はNSKブログを参照のこと。


NSKブログ
http://nsk.slmame.com/

記事URL(http://www.secondtimes.net/metaverse/event/20081002_nsk.html)


実際にしゃべる漫才とは違いチャット機能で漫才とは雰囲気で押し切れない分すごく難しそうに思われますがいったんどんな漫才が繰りひろげられるのでしょうか。お笑い好きの方は是非チェックしてみてはいかがでしょう?

秋の夜長を利用してセカンドライフを学んでみてはいかが?

2008年09月29日 16:04

最近すっかり気温も下がり秋めいてきましたね。こんにちは、担当は土曜なのに堂々と月曜に更新しているいしはらです(笑)さて秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋など様々ですがやはり学生足るもの読書で教養を深めないといけませんね。ということで今回のテーマは「読書」です。(あれ、これと似たフレーズ確か前回のブログで書いた気が・・・)

「セカンドライフの中でどんなことが起こっているのか?」を知るための決定版とも言える一冊。現在日本国内ではセカンドライフについてネガティブな意見が多く出ているが、日常的にログインしている者の目から見ると、どれも踏み込みが浅く”リアルな”姿を理解しているとは言い難いものばかりだった。

本書の著者であるワグナー・ジェームズ・アウ氏は、2003年よりセカンドライフを運営するリンデンラボ社と、セカンドライフのインワールド双方に飛び込み密着取材を行った。そして現在もセカンドライフブログ「New World Notes」を執筆し続けている。本書はその集大成であり、まさに”セカンドライフ年代記”とも言えるインサイドストーリーとなっている。

著者はリンデンラボ社のファウンダーのミッチ・ケイパー氏や元CEOで現会長であるフィリップ・ローズデール氏、元CTOのコーリー・オンドレイカ氏など社内スタッフがどのようなことを考えセカンドライフを作ったか、そして育てて現在のようなサービスにしたかを丁寧にレポートすると同時に、その中(インワールド)でユーザ ーたちがどのような人間ドラマを繰り広げたかをその都度自身の考察も
交えながら紹介していく。著者は、自ら自分に似せたアバターを作り、インワールド・リポーターとしてユーザーの中に入り、実際に当事者にインタビューまでして取材するが、とり上げられるテーマは、恋愛と欲望、戦争と迫害、思想の対立、民主主義、ビジネス、知的所有権など現実世界と全く変わらない実に人間臭い「事件」ばかり。本書を読むと、仮 想世界とはいえアバターの裏にいるのは血の通った人間なのだということが改めて実感できる。そして、アバターという仮の姿を纏っていながら、い
や纏っているからこそ現実世界以上に生生しい感情をさらけ出してしまう仮想世界の不思議さに気付かされる。純粋に読み物としても面白い本なので、セカンドライフにログインしたことのない人や初心者ユーザーでも興味深く読み進められると思うが、へヴィ・ユーザーでも十分楽しめる内容ではないかと思う。ちなみに筆者も「こんなグループやSIMがあったのか」と本書を読んで初めて知った事柄も多かった。
記事URL(http://www.secondtimes.net/book/app/20080925_themakingofsecondlife.html)

パソコンの問題で家からログインできないためまだほとんどセカンドライフをしらない私のような人間にはもってこいの本ですね♪セカンドライフをはじめようと思っていてもなかなか踏み切れてない人は是非この本からはいってみてはいかがでしょうか?

SL内で学園祭を!

2008年09月13日 20:59

最近だんだんと涼しくなり秋の様相を呈してきましたね。秋といえば食欲の秋、読書の秋など様々ですが学生にとっては学園祭の秋でもあります。


そんなわけで今回のキーワードは「学園祭」です


「宝塚造形芸術大学の学生有志が、実際に開催する学園祭”宝翔祭”にからめてセカンドライフでもオンライン学園祭を開催、現在SIMをプレオープンしている。会期中はリアル学園祭に負けず劣らず様々なイベントや企画を行っていくとのこと。概要は以下のとおり。

開催日時:9月10日(水)~15日(月)
       10日~13日はプレオープン中
14日よりグランドオープン!
内容:
・セカンドライフ内イベントやアトラクション
・フラッシュゲーム
・学生作品展示
会場:「Tracy Island」SIM」

リアルの学園祭と連動して行うとはすごい楽しそうですね♪今後こうやってどんどんSL内で学園祭が増えるかもしれませんね☆


あの大学の学園祭行ってみたいけど遠くて行けない…だけどSL内ならいけるや!!ということになるんではないでしょうか。
まさにSLならではですね♪

オバマVSマケイン 議論はSL内でもヒートアップ!?

2008年09月06日 07:14

福田総理辞任してしまいましたね。いったい次の自民党総裁には誰がつくのでしょうか?気になるところであります。

さて国の代表選びに国中が注目しているのは何も日本だけではありません。そうアメリカ合衆国ではきたる大統領選にむけ両議員が日々活動しています。

今回はそんなアメリカからのニュースです。


「9月10日より、ニューヨークのアート財団「Location One」が主催する「Virtual Residency Project 2008」で、日本の渡邉英徳氏、ベルリンのSusanne Berkenheger氏、ニューヨークのAndy Deck氏の3名による"Virtual Residency Project"の成果発表会が開催される。


テーマは時事ネタで「2008年アメリカ大統領選挙」。


民主党候補のオバマ上院議員と共和党候補のマケイン上院議員のインターネット上の「オバマ語録」と「マケイン語録」から自動的に会話を生成するチャットボット(自動でチャットするロボット)を作成。セカンドライフ、Google Earthを用いたオバマボットとマケインボットが相互干渉しながら「共通意見」に基づく「演説空間」を形成する。
また、インターネット上に存在する両氏の画像を集め、それらの画像を持つそれぞれのサーバーのIPアドレスから実際の地理的な位置を推測し、Google Earth上にマッピングするプロジェクトを展開。お互いの出身地であるハワイとパナマを中心とした、二人の候補者の「ウェブ上の影響範囲」を可視化する。
この地図によりオバマとマケインの「陣取り合戦」を俯瞰するとともに、どんな画像に「オバマ」と「マケイン」がタグ付けされているのかについて、大まかに知ることができるとのこと。


オバマとマケインの最新発言に加えて来場者の発言も吸収しつつ、「演説空間」は11月の選挙まで成長を続けていき、画像に関しても11月まで順次更新される。

(記事URL;http://www.secondtimes.net/news/world/20080903_virtual_residency_project.html)」


チャットボットによる演説とは一体どんなものなんでしょうか?すごく気になりますね。また画像が使われると地図で表示するアイディアも面白いと思います(まぁただ写真の使用目的がその議員に対して肯定的なのか否定的なのかがわからないとおもいますが)

投票権をもってはいませんが是非両議員の「演説」を聴きにいってはどうでしょう!?


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。