スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想空間ビジネスフォーラム

2008年09月30日 22:01

24日に参加した仮想空間ビジネスフォーラム

「メタバース活用・3つのポイントを徹底分析」の報告をします。

以下、要点だけをまとめていきます。

ちなみに「⇒」は私の見解です。



①NTT・大張氏

テーマ「次世代サービスとしてのメタバースの可能性」


1.通信インフラとコミュニケーションの進化

 ◎関係とは?

   インフラが下支えするコミュニケーション

   コミュが求めるインフラ(特に速さ、機能)

    ⇒インフラ担当者の認識がこのようでよかった


2.メタバースの「今まで」と「これから」

 ◎ One fits all (Oneがメタバース、allが参入企業)

   プロモーション用に共同利用するメタバース

    ⇒今までのメタバースはまさしくこの形

 ◎BTO(オーダーメイド)メタバースの出現

   個別のビジネス用に「作り、組み込む」メタバース

    ・目的特化型:B/C両者の目的が明確に

     ⇒おそらくNTT出資先の3Diを意識

     ⇒http://3di-opensim.com/tour/index.html

 ◎事例紹介「East Life」

   NTT東日本による採用説明会

   (http://blog.goo.ne.jp/ntteast2008/e/d624ce948b9a987203a2d...)

   ⇒若者でも目的意識を付与すればメタバースに来る

 ◎Take away

   インフラの進化がメタバースを次のステップへ誘導

   BTOがキーワード



日テレ・安藤氏

テーマ「コミュニケーション」


  ◎テジタルの根性(http://www.dai2ntv.jp/p/z/110z/

    ・視聴者の自由参加

    ・超低コスト

     ⇒SLUに全く同じことが言えます



③博報堂・千田氏

テーマ「ユーザー行動分析」

  ◎概況

    ・アンケート、698人中9人がSLアクティブユーザー

    ・SL知ったきっかけ…ニュース、報道

    ・目的…オンラインゲーム、コミュニケーション

      ⇒従来ユーザーには教育分野の意識はない

      ⇒逆に言えばSLUが喚起していけるチャンス

    ・SLなんでやめた…楽しみ方が分からない、how toが分からない

      ⇒前者はコンテンツ増、後者はサイト紹介の必要性


  ◎ユーザーについて考える

    ・80%以上は傍観者

     ⇒SLU講演でもどんどん意見を吸い上げる必要性有

    ・一人でいたいけど、つながっていたい

    ・一儲けしたい

    ・夢をかなえたい

    ・逃げたい

     ⇒等身大の自分がSLにはいる


  ◎まとめ

    ・解は自分自身にあり

    ・ユーザー側に歩み寄っていく

    ・バーチャル⇒リアル世界の流れ

     ⇒SLUスタッフはもっとログインしてSLを「知る」べし

      そうでないとユーザー側に歩み寄れない

     ⇒「講義内容もSNSを活用して決める」といったかたちで

      ユーザーを巻き込んで「主体的参加」を促す



言葉足らずではありますが、以上がフォーラムの報告です。

何か質問、意見等ありましたらコメントください!!



またフォーラムに参加したことで、

改めてSLUを考え直すいい機会になりました。

もっとスタッフとして頑張らないとですね。。。
スポンサーサイト

秋の夜長を利用してセカンドライフを学んでみてはいかが?

2008年09月29日 16:04

最近すっかり気温も下がり秋めいてきましたね。こんにちは、担当は土曜なのに堂々と月曜に更新しているいしはらです(笑)さて秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋など様々ですがやはり学生足るもの読書で教養を深めないといけませんね。ということで今回のテーマは「読書」です。(あれ、これと似たフレーズ確か前回のブログで書いた気が・・・)

「セカンドライフの中でどんなことが起こっているのか?」を知るための決定版とも言える一冊。現在日本国内ではセカンドライフについてネガティブな意見が多く出ているが、日常的にログインしている者の目から見ると、どれも踏み込みが浅く”リアルな”姿を理解しているとは言い難いものばかりだった。

本書の著者であるワグナー・ジェームズ・アウ氏は、2003年よりセカンドライフを運営するリンデンラボ社と、セカンドライフのインワールド双方に飛び込み密着取材を行った。そして現在もセカンドライフブログ「New World Notes」を執筆し続けている。本書はその集大成であり、まさに”セカンドライフ年代記”とも言えるインサイドストーリーとなっている。

著者はリンデンラボ社のファウンダーのミッチ・ケイパー氏や元CEOで現会長であるフィリップ・ローズデール氏、元CTOのコーリー・オンドレイカ氏など社内スタッフがどのようなことを考えセカンドライフを作ったか、そして育てて現在のようなサービスにしたかを丁寧にレポートすると同時に、その中(インワールド)でユーザ ーたちがどのような人間ドラマを繰り広げたかをその都度自身の考察も
交えながら紹介していく。著者は、自ら自分に似せたアバターを作り、インワールド・リポーターとしてユーザーの中に入り、実際に当事者にインタビューまでして取材するが、とり上げられるテーマは、恋愛と欲望、戦争と迫害、思想の対立、民主主義、ビジネス、知的所有権など現実世界と全く変わらない実に人間臭い「事件」ばかり。本書を読むと、仮 想世界とはいえアバターの裏にいるのは血の通った人間なのだということが改めて実感できる。そして、アバターという仮の姿を纏っていながら、い
や纏っているからこそ現実世界以上に生生しい感情をさらけ出してしまう仮想世界の不思議さに気付かされる。純粋に読み物としても面白い本なので、セカンドライフにログインしたことのない人や初心者ユーザーでも興味深く読み進められると思うが、へヴィ・ユーザーでも十分楽しめる内容ではないかと思う。ちなみに筆者も「こんなグループやSIMがあったのか」と本書を読んで初めて知った事柄も多かった。
記事URL(http://www.secondtimes.net/book/app/20080925_themakingofsecondlife.html)

パソコンの問題で家からログインできないためまだほとんどセカンドライフをしらない私のような人間にはもってこいの本ですね♪セカンドライフをはじめようと思っていてもなかなか踏み切れてない人は是非この本からはいってみてはいかがでしょうか?

SLの現状を省みる

2008年09月25日 23:37

こんばんは、カタハネです。実に3週間ぶり、何事もなかったかのように更新を再開します。
セカンドライフの情報について調べていたところこんな記事を見つけました。

2008-07-05 アクティブユーザー やっと底打ち?

アクティブユーザー数の上位国の推移を見ればわかると思いますが、日本は通期を通しての下落率は他国を上回るものがあります。これにはセカンドライフ自体の原因も当然ながら、日本人のゲームに対する特殊な感性があると思います。FPSが流行る欧米と、RPGが流行る日本。日本人はゲーム内での会話をあまり求めない性質があるのかもしれません。
[SLの現状を省みる]の続きを読む

広報、広報、雨、広報

2008年09月23日 17:10

更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした!!
また今週からしっかり更新していきますので、
宜しくお願いいたします!!

れんとさ

その前に宣伝をさせてください!!
25日19時からビッグイベントがあります!!

民主党の蓮舫氏とシブヤ大学長の左京氏が、
「学びはいつでも楽しい」をテーマに語り合います。

リアルイベントでもなかなか実現しない対談なので、
皆さん是非お越し下さい!!


そして今日の記事ですが、
このイベントの広報についてです。

今まで広報という仕事をやったことがなかったのですが、
想像以上に大変だということに気づきました。

メタバース系媒体(スティッカム様、セカンドタイムズ様etc)に加え、
IT系媒体、新聞媒体にプレスリリースを送るのですが、
これは送るだけなので、正直楽勝です。

しかし、セカンドライフ内での営業では、
まず皆さんと仲良くないうちに営業トークを始めたら、
「何だ、こいつ」という風に見られてしまいます。

確かに道端で「SLU講義があるんだけど」といきなり喋りかけられたら、
どこのネズミ講だと勘違いしてしまいますよね。
この点は本当に反省していて、且つ一番勉強になりました。

実は最近仲良くしてもらっているあられカフェのあられさんに
ロケットに乗せてもらい、今、宇宙ステーションにいます。
↑この文章が成り立つのだから、すごいですよねw


リアル世界の広報はプレスリリースだけでいいですが、
SL内のコミュに広報するには、まず自分が皆さんと仲良くするということが、
一番求められており、そこで楽しむことが前提となっているんですね。

とりあえず、もうちょっと宇宙でまったりします。

SL内で学園祭を!

2008年09月13日 20:59

最近だんだんと涼しくなり秋の様相を呈してきましたね。秋といえば食欲の秋、読書の秋など様々ですが学生にとっては学園祭の秋でもあります。


そんなわけで今回のキーワードは「学園祭」です


「宝塚造形芸術大学の学生有志が、実際に開催する学園祭”宝翔祭”にからめてセカンドライフでもオンライン学園祭を開催、現在SIMをプレオープンしている。会期中はリアル学園祭に負けず劣らず様々なイベントや企画を行っていくとのこと。概要は以下のとおり。

開催日時:9月10日(水)~15日(月)
       10日~13日はプレオープン中
14日よりグランドオープン!
内容:
・セカンドライフ内イベントやアトラクション
・フラッシュゲーム
・学生作品展示
会場:「Tracy Island」SIM」

リアルの学園祭と連動して行うとはすごい楽しそうですね♪今後こうやってどんどんSL内で学園祭が増えるかもしれませんね☆


あの大学の学園祭行ってみたいけど遠くて行けない…だけどSL内ならいけるや!!ということになるんではないでしょうか。
まさにSLならではですね♪

はるまり学園へ行ってきました。

2008年09月13日 03:44

更新が遅くなってしまい、すみません汗
カネヤンです。
今日は「はるまり学園」という、私たちSLUと同じように学校を運営している場所へ行ってみました。

体育館_001
体育館_002
体育館_003
体育館_004


ご覧の通り、建物および内部の作りこみはなかなかです。高校へ通学していた時の懐かしい感じを思い出します。

これだけではよくある放置されたハコ物建造物なのですが、このはるまり学園では即売会などを行い実際に人が集まっており、賑わっているようです。

詳しくは↓(meimeiさん、リンク貼り失礼します汗)
http://ameblo.jp/secondlife-blog/


即売会では、バイオハザードのジルのアバターが売られていたりなど、なかなかおもしろそうな商品が多く売られていたようです。残念ながら、もう終わってしまったようですが汗

ちなみに、僕はこの即売会に出品していたお店で仮面ライダーのアバターを購入しました。
ライダー_001

かなりリアルでビックリしてます笑


話はそれてしまいましたが、SL内で学校を運営していこうという試み、ぜひとも盛り上がってほしいですね。はるまり学園、今後に期待です。

オバマVSマケイン 議論はSL内でもヒートアップ!?

2008年09月06日 07:14

福田総理辞任してしまいましたね。いったい次の自民党総裁には誰がつくのでしょうか?気になるところであります。

さて国の代表選びに国中が注目しているのは何も日本だけではありません。そうアメリカ合衆国ではきたる大統領選にむけ両議員が日々活動しています。

今回はそんなアメリカからのニュースです。


「9月10日より、ニューヨークのアート財団「Location One」が主催する「Virtual Residency Project 2008」で、日本の渡邉英徳氏、ベルリンのSusanne Berkenheger氏、ニューヨークのAndy Deck氏の3名による"Virtual Residency Project"の成果発表会が開催される。


テーマは時事ネタで「2008年アメリカ大統領選挙」。


民主党候補のオバマ上院議員と共和党候補のマケイン上院議員のインターネット上の「オバマ語録」と「マケイン語録」から自動的に会話を生成するチャットボット(自動でチャットするロボット)を作成。セカンドライフ、Google Earthを用いたオバマボットとマケインボットが相互干渉しながら「共通意見」に基づく「演説空間」を形成する。
また、インターネット上に存在する両氏の画像を集め、それらの画像を持つそれぞれのサーバーのIPアドレスから実際の地理的な位置を推測し、Google Earth上にマッピングするプロジェクトを展開。お互いの出身地であるハワイとパナマを中心とした、二人の候補者の「ウェブ上の影響範囲」を可視化する。
この地図によりオバマとマケインの「陣取り合戦」を俯瞰するとともに、どんな画像に「オバマ」と「マケイン」がタグ付けされているのかについて、大まかに知ることができるとのこと。


オバマとマケインの最新発言に加えて来場者の発言も吸収しつつ、「演説空間」は11月の選挙まで成長を続けていき、画像に関しても11月まで順次更新される。

(記事URL;http://www.secondtimes.net/news/world/20080903_virtual_residency_project.html)」


チャットボットによる演説とは一体どんなものなんでしょうか?すごく気になりますね。また画像が使われると地図で表示するアイディアも面白いと思います(まぁただ写真の使用目的がその議員に対して肯定的なのか否定的なのかがわからないとおもいますが)

投票権をもってはいませんが是非両議員の「演説」を聴きにいってはどうでしょう!?

【WEEK5】地獄へ【ありえない体験をメタバースで】

2008年09月05日 16:22

気がつけばもう5週目なのにうおやどんさんを除くSLUメンバーと会ったことがないカッツです。

さて、今日はセカンドライフガイドのアクセスランキング上位から適当に選択し、複数の場所へ観光に行ってきました。その中でも一番インパクトのあった場所を紹介したいと思います。

その場所の名前は・・・

な、な、な、なんと

HIGASI OSAKA JIGOKU!!!

ninki_004.jpg


何故東大阪に地獄があるんだ、という突っ込みはおいといて

アニメに出てきそうな光景が広がってました。

ninki_006.jpg

でかいやつらが戦ってるし。

この場所は他の場所と比べると次の2点が決定的に違ってました。

①叫び声、死に際の声、何かが燃える音や落ちる音がする
②ライフが表示される

サウンドエフェクトは地獄の雰囲気を出すために設定してあるんだろうなー、と思う程度でした。

それよりライフの方が気になりそこにカーソルを合わせてみると。


”この土地はダメージが有効(「安全ではない」)に設定されています。ケガをするかも知れません。命を落とした場合は、ホームにテレポートされます”


どうやら、死んだあとにくるはずの地獄で死ねるらしいです。(そういう問題ではない)

実際の世界では死んだら終わりですが、SL内では生きかえることが出来るということで・・・これは死んで見るしかない!!!

ということで、串刺しになろうとしたり。
ninki_008.jpg

走って逃げてる人の群れに混ざってみたり。
ninki_009.jpg


血風呂に入ってみたり。
ninki_010.jpg

色々と試みましたが、死ぬどころかライフが100%のままでした。


どうやったら死ねるのだろう。。。。。と普段なら絶対考えないことを真剣に考え、ひらめきました。


”この土地はダメージが有効”つまり通常の土地では無効になっていることによって何をしても助かっていると考えられる。


そう、ダメージが無効だから高い場所から落下しても平然と着地し、死なない。



ダメージが有効な地獄なら高い場所から落ちたら死ぬのでは?


レットトライ♪

HP100の状態から

life100.jpg

落下!!!!

life84.jpg


ライフが減りました。


しかしものすごい勢いで回復してしまい、もう一度上に上がる頃には全回復・・・・・


この程度の落下では死ねないらしいです。


次週リベンジ!!!


必ず一度死んでやります。

メディアミックスと新しい可能性

2008年09月04日 22:43

こんにちは、イベントの際はStickamの配信を担当している兼崎です。
今回は更新が一日遅くなってしまい申し訳ないです汗


先週8/29のSLUイベントでは日本電動車椅子サッカー協会の役員でいらっしゃる高橋さんよりご講演頂きました。電動車椅子サッカーとその現状などについて語って頂き、大変興味深いお話でした。高橋さんにはご多忙の中お話しして頂き、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げさせて頂きます。


さて、僕は今回のイベントでもStickamの配信を担当していました。
ここでご存じでない方にStickamを簡単に説明すると、stickamとはyou tubeの生放送版のようなサイトです。動画キャプチャーソフトを用いて、自分のPC画面に映っている映像をライブ配信することができます。百聞は一見に如かず、おもしろそう!と思った方は実際にstickamに行ってみてください。

Stickam
http://www.stickam.jp/

SLUイベントの様子は毎回このStickamのトップページにて配信させて頂いているのですが、今回は僕にとって特に興味深い配信となりました。
このStickamでは動画を見る他にも、チャットルームにて動画を見ながら書き込みをすることができます。イベント配信時には主に視聴者の方々の感想や、イベント後半の質疑応答の時にゲストの方への質問が書き込まれたりします。
今回のイベントではこのチャットルームにて、とても面白いことが起こりました。視聴者の方々が互いにチャットで会話をしはじめたのです。今までの配信では基本的に、感想にしろ質問にしろ「ただ書いただけ」のものがほとんどであり、そこにコミュニケーションが発生することはほとんどありませんでした。しかし今回は参加者の方々が互いに自分の意見を発信しあい、新しい盛り上がりを見せていました。


僕はこの光景を見て、メディアミックスの新しい可能性を感じました。例えば現実世界で行われている講演会やタレントのライブに行っても、隣の人と話しながらそれを聞くことはできないでしょう。そんな迷惑な人はすぐにつまみ出されてしまいます。またそれをTV放送やビデオで見たとしても、基本的には一人で見るだけであってそこにはコミュニケーションは生まれません。

しかしバーチャルの世界では、そのような講演会やライブの映像を見ながら、同じ物を見ている他の人たちとコミュニケーションを取ることができます。これは、メディアがミックスするからこそなしえることではないでしょうか?

講演会場としてSLがあり、その模様を配信し、チャットをする場があるStickamをミックスすることにより、そこにコミュニケーションの新たな形態が発生する。そんな化学反応に感動しつつ、バーチャルの世界における未知の可能性を感じました。

ALWAYS 三丁目の夕日?

2008年09月02日 22:00

うおやどんです。
今日の夕方に帰京しました。
いやぁ相変わらず部屋が臭いです。
明日、消臭力を買います。


今日のブログタイトルの映画は皆さんご存知だと思います。
私は7月末にDVDで観たのですが、
「この風景がSLであったら面白いのにな…」と思っていました。


大銀座全体像


あるではありませんか!
しかも路面電車も自動で動いています。
実際に行ってみたい方は以下のアドレスからどうぞ!
http://slguide.jp/slmap/?spotId=2502&sim=Mordreds%20Crossing&x=117&y=23


大銀座電車


電車に乗ってみました。
内装もしっかり再現されていて、
長崎でチンチン電車に乗ったことを思い出しました。


大銀座寄席


タイガー&ドラゴン、ちりとてちんで再び脚光を集めている寄席。
自分も落語家になった気持ちになりました。
ただ客がいない…


大銀座風呂


さぁ私はどちらに入ったでしょうか(笑


大銀座帽子屋


大銀座らしいレトロな帽子屋です。
雰囲気がありました。


大銀座貸し店舗


しかしやはりここでも過疎化は否めませんでした。
人も全然いません。
写真のように貸店舗が多々のブースにおいて空いていました。


久しぶりに長時間セカンドライフにログインしました。
カッツ同様、今度は人と会っていろんなことを話していきたいと思います。

イメチェンしてみた

2008年09月01日 22:34



こんちは。SLUスタッフのずっきーです。


つーか、知ってる??
福田さん、辞任だって!辞任!
アベちゃんに続き、短命政権でしたね。


ところで前回、女性用のビキニを装着して、
大変なことになってしまった私ですが…


男モンの服、ちゃんと買ったぞー
そして顔とか髪型とかも少しイジッてみた。


どうだ!イメチェンずっきー、それ!


イメチェンずっきー


えーと…、これで今日で日記を終わります(笑)


何っ!?手抜きだと??


私、この服と顔作るのに
1時間かかったので許してください。
SL初心者にとっては大作業でした。


2008年9月1日
ずっきー



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。